vol_9
品川シーズンテラス-リボンアート-

「環境配慮型ビル」をコンセプトに建設された品川シーズンテラスは、国内最高水準の環境性能を備えた設備が盛り込まれています。地上32階建て、150メートル上空から建物内に自然光を取り入れる「T-Soleil(ティーソレイユ)」もその一つです。

建物の顔とも言える、オフィスエントランスでは、ティーソレイユで取り込んだ自然光を利用したアート作品を見ることができます。エントランスホールからオフィスロビーへと続くエスカレーターと階段の両脇の壁面には、無数のステンレスリボンが吊り下げられています。リボンに光が反射する様は、見る角度を変えることでキラキラと輝き、川の水面のような光を再現しています。

制作を担当したのは、世界で活躍するアートデザイナーの澤田広俊氏。

澤田氏は、今回の取り組みについて次のように話しています。

「この空間が持っている特徴や、コンセプトから、『サーフェイス』『水』をテーマにして、どうしたら一番水の効果が得られるのかとういことをキーワードにこの仕事に取り組みました」