vol_13
感性に磨きをかける品川周辺アートお散歩ガイド

心地よい風を感じるようになり、過ごしやすくなってきたこの頃。
晴れた空は高く澄み渡り、木々が紅葉しはじめます。感性も研ぎすまされ、何かをじっくり楽しむのに最適な季節です。 北品川を中心としたエリアには、この季節にピッタリのアートを感じるスポットがいっぱい。
今回はその中から、いくつかおすすめの場所をご紹介します。

注目の新アートスポットは、「光」「風」「水」「緑」すべての自然エネルギーを感じられる、癒しのスポット「品川シーズンテラス」。
ここでは、毎時15分間『霧のアート』=『霧の彫刻』が楽しめます。 風の状況など取り巻く環境によって刻々と変化するその形状やボリューム、濃度そして動きは、一瞬一瞬が唯一無二のアート。 そんな無限のパフォーマンスを楽しめるのも、目に見えない自然に潜むダイナミズムを可視化して物語を紡いでゆく『霧の彫刻』だからこそです。

1979年に開館した「原美術館」。
アート・デザイン・建築・音楽やダンスなど最先端の文化を広く紹介している美術館です。 また、1930年代のヨーロッパモダニズムを取り入れた建物は、昭和初期の建築史上において大変貴重な存在。

品川駅から徒歩10分。御殿山の閑静な住宅街にあるガラス張りのギャラリー「一穂堂 御殿山ギャラリー」。
『モダンな空間に調和する美しいもの』をコンセプトに作品を展示しています。春には桜、 秋には紅葉の名所として浮世絵にも多く描かれた御殿山の景色を楽しみつつ、アート鑑賞するのもおすすめです。

華やかで由緒ある美しさをもつ「東京都庭園美術館」。
『幻の建築』、『アール・デコの美術品』などと称されてきた建築史上においても貴重な建物で、1993年には東京都指定有形文化財にも指定されています。
また、本館から三保谷硝子製の美しい硝子のアプローチを抜けるとモダンで開放的な空間が。 2014年11月にオープンしたホワイト・キューブの展示室です。
歴史的建造物と近代的な空間を同時に味わえる、優雅で華やかな空間でぜひアートを堪能してください。

キヤノンSタワー1階にある「キヤノンギャラリー S」。
国内の著名な写真家中心の企画展を約1カ月の会期で年間8〜9本開催。 その他、キヤノンマーケティングジャパンが、フォトコレクションとして長年貯蔵している1900点を超える著名な日本の写真家の作品展も順次開催しています。 自由に写真集を眺めながらゆっくりくつろげるフォトライブラリーや、 カメラの歴史を辿れる展示室などさまざまな角度から写真に触れることができます。

見て、聞いて、触れて、味わって、そして香りも楽しめる。そんな漢方の力を五感で感じられるのが、「ニホンドウ漢方ミュージアム」。
様々な生薬の見本や、漢方の基礎理論の解説を展示している「漢方ギャラリー」では、漢方の歴史、 陰陽論、五行説、季節のライフケアなどが学べ、ストレス指数や体脂肪、骨密度などのチェックも無料で体験できます。

さまざまなアートに触れることは、自分自身の心のエネルギーチャージになるのはもちろん、 子どもたちにとっても、感性を豊かにし、創造性を高めるともいわれています。
ぜひこの季節に、家族でアートなお散歩を楽しんでみてはいかがですか?